リフォーム (個人住宅)
  リフォーム概要  
    プラスルーム  
    キッチン・バス・トイレ・洗面所  
    増築・間仕切り  
    床・壁・階段・収納  
    窓・サッシ・玄関ドア  
    外壁・屋根・断熱材  
    老後対策・バリアフリー  
    店舗・アパート経営  
  よくある質問 FAQ  
 注文住宅 (個人住宅)
  高気密高性能住宅 概要 (注文住宅)  
  住宅を作る際のこんなアイディア  
  よくある質問 FAQ  
 その他診断・点検・サービス
  防水(雨漏り)診断  
  耐震診断・耐震補強  
  バリアフリー  
  太陽光発電  
 法人事業部
  公共工事(施設・公共住宅)  
  マンション・ビルディング 建設  
  工事ギャラリー(工事実績)  
  よくある質問 FAQ  
 会社案内
  会社概要  
  代表者から挨拶  
  立花スピリット(新社屋完成まで)
  立花建設の安全宣言  
  地域・環境に関する取組  
  ISO・取得許可書など  
  建設の名誉ある賞を受賞しています  
  パブリシティーリリース(広報)  
  お問合せ  
  お知らせ  
  人材募集  
  人材のご紹介  
  関連リンク  
  トップページ  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トップページ >> 立花スピリット(新社屋完成まで) >> 能工巧匠の魂を知れ(前編)
 
このインタビューは、新型コロナウイルス自粛解除後に行われ、インタビュー当日は、梅雨の中休みの、爽やかに晴れた日だった事から、三密を避ける為にも、下町の川沿い(屋外)にて行われました。
また、インタビュー中は、川崎部長もインタビュアもマスク着用で行いました。
 
まずは、部長になられたんですよね!昇進おめでとうございます。
川崎さん年は幾つになられるんですか?
川崎さん 部長じゃないですよ、部長代理です。現在35歳になります。
去年は、課長だったのですが、安全大会の時、いきなり立花会長に呼ばれ、「川崎、これから部長代理な、今日の安全大会で皆に挨拶しろ」といきなり言われて(笑い)今年、正式に辞令を頂きました。
川崎さんが部長代理として挨拶した安全大会の模様はこちらから
 
 
入社10年目で部長代理に!   川崎さんの一番は、常に自然体
 
(笑い)立花会長らしいエピソードですね。
しかし、35歳で部長を任さられたんですから会社の期待も大きいのではないですか!
川崎さん 正直、会長から部長代理を言い渡された時、会社からの期待を感じました。
立花建設は、現在、世代交代の時期に差し掛かっています。
その事を踏まえて考えるのなら、ベテランの先輩、下にいる後輩を上手く繋ぎ合わせて会社を盛り上げていく人間が必要だと思うんです。
その役目が私だと思っています。
 
確か、川崎さん立花建設にとっては、プロパー社員(生え抜き社員)ではないですよね。
立花建設に在籍して何年目になるんですか。
川崎さん そうですね、立花建設の前にマンションの建設から販売、管理までしている会社にいたんですが、入社して直ぐリーマンショックを迎え会社が傾きました。
その時、出向と言う形で立花建設と関わり、偶然なんですが、立花建設の現場に いた所長が、以前の会社出身の方で、色々と面倒を見て頂きました。
また、その裏側では、同期入社の友人とも話していたんですが、何時倒産するか分からない会社にいるのもどうなのかと話し合っていて、私は既に結婚もしていたので、そのまま立花建設にお世話になる事になりました。
もう10年前のことなので、10年になりますね。
 
10年経って立花建設はどう変わりましたか?また、これからどのように変化していくべきでしょうか
川崎さん 先程も言いましたが、立花建設では、世代交代の時期に差し掛かっています。
私が入社した時は、ベテラン社員で固められていましたが、今は、若手も入り半々と言った所でしょうか。
しかし、会社が若返りを図る時期だと言っても、やっぱりベテランの先輩達の経験と知恵には敵いません。
また、若手社員など私を含めて、個人それぞれがバラバラな性格じゃないですか。
そう言った事を考えて、危機的な所感を言えば、そう言ったベテランの先輩達と一緒に過ごせる時間も残り少ないと言う事になります。
私だって、ひとりで大きくなった訳ではありません。
立花建設に入り、いい先輩に巡り合えて大きくなりましたし、まだまだ通過点に過ぎません。
正直、立花会長だって、立花専務だって、入社した10年前と比べて少しおとなしくなった気がします。
 
えっ、どうおとなしくなったんですか?
川崎さん 以前なら、会長を始め先輩達がよく食事や飲みに連れてってくれました。
現在でも、同じように可愛がって頂いていますが、しかし、以前と比べると少なくなったかな・・・・・
会長も専務も10歳年をとったんだと、それは、他の先輩達からも同じ事を感じるので、自分自身や後輩を含めて、先輩達と関われる時間を1分1秒大切にしていかないといけない。
これから、自分が部長代理と言うポジションに立った訳ですから、若返った立花建設が立派に進んでいけるように、今後は、若手を集めて、月に1回でも2回でも勉強会を開催したいと思っています。
私は、建設業界のいい頃を知りません。入社して直ぐに初めての会社が傾き、立花建設だって入社当時、事情は知りませんが、あまり景気が良かった訳ではありません。
しかし、それを1人ひとりが頑張って乗り越えて来たんですから、私の時代になってもチームワークで乗りきれる会社にしたいと考えています。
先程も言いましたが、人間一人ひとり個性も有り、考え方もバラバラですから、それはそれでよくても、ベクトルは同じ方向をみてなきゃいけないと思うんです。
それをしっかりまとめていかないといけないですよね。
 
 
この日は大変に穏やかにお話をしてくれました   しかし、これが仕事になると仕事の顔になる
 
若手の勉強会はいいですね。若手の方のお話も少し聞かせてください。
今度新社屋が出来る事になり、その現場を野島新所長が担当されますが、川崎さんからみて野島新所長は適任でしょうか。
川崎さん ある意味、羨ましいですよ。
新社屋の図面を見る限り、RC施工の全てが凝縮されているんです。
建設会社らしい作りと言うか、普通、全ての技法を覚えるのに、幾つもの現場を経験する必要が有るんですが、新社屋ひとつ作る事で、その何十件分の現場を経験しなくても経験できる作りになっているんです。
また、野島は、建設と言う仕事に対して並々ならぬ期待と覚悟を持っていて、人一倍プライドも高ければ、負けず嫌いな部分もあり、失敗や自身の経験した事をしっかり次に組立していける地頭も持っています。
しかし、もっと凄いのは、会社の姿勢にあります。
本当なら、新社屋を作る事に際して、ベテラン社員を担当させると思いますが、そこをあえて若手の野島の起用です。私だって羨ましくなりますよ。
 
私は、建設業界の人間ではないので、図面を見てもよく分かりませんが、今回の新社屋にはそんな想いもあるんですね。
川崎さん 正直、仕事の受注もそうですが、私たちの事なんか考えて貰えずに入ってきます。
新規で建物を作る場合もあれば、改修工事もあります。
本当なら、順序よく仕事が入って、人を育てられればいいですが、そう都合よく仕事は来ません。
だから、先にも言ったように若手の勉強会を設けたいと考えているんです。
僕も含めて、近藤、その後を追いかけてくる本橋もそうですが、建設業界のいい時を知らない世代でもあり、今回のような新型コロナウイルスの猛威や東京オリンピックのような、不測な事態や大きなイベントに見舞われ終われば、必ず、倒産したり経営に息詰まる建設会社が多く出てきます。
私たちは、生き残る為にも、チームワークを作り、一人ひとりが、責任と技術を作り、一枚岩になって乗り越えていかないといけないと思っています。
 
 
これからの事をしっかり考えています   誰よりも将来を考えている印象が有りました
 
 川崎部長代理のインタビューは後半に続く
 
建設現場から新着情報
 
8階部分まで建物が出来上がりました
 
2・3階部分です。   窓にガラスが入りました
 
着々と内装・外装に作業が移ります   実は、エレベータも稼働しています
 
この日の野島所長は大忙し!   事務所で打合せ、現場で打合せ
 
職人の方との連携もバッチリです   ひと休みする暇もないほど大忙し
熱中症対策
 
毎年の事ですが、建設現場に携わる方の健康と命を守るために、熱中症対策を導入しています。
熱中症で健康被害に有った方や、もしも事故に備えて、事務所には、直ぐに対応出来るように、関係各所や病院などの連絡先、熱中症を未然に防ぐための朝礼や小休憩などこまめの水分補給、休憩、体調管理を実施して、事故を未然に防いでいます。
 
 
9月の安全目標は、熱中症対策です   建設現場を中心にもしもの時のロードマップ
 
熱中症対策のチェック表   塩分補給のための塩あめ
 
冷たい飲み水   氷も常に作っています
新社屋完成図!
 
弊社の社員のお子さんが、新社屋の完成図を書いてくれました。
野島所長は、毎日この完成図を見て癒されているそうです!
※少し見せづらくごめんなさい。
 
 
   
 
<< 一寸の虫にも五分の魂(後篇) 立花スピリット一覧 能工巧匠の魂を知れ(後篇) >>
 
トップページ >> 立花スピリット(新社屋完成まで) >> 能工巧匠の魂を知れ(前編)
     
 
  会社概要 お問合せ 個人情報保護法  
 
     
 
  ■業務内容(個人)
注文住宅,ローコスト,価格,間取り,費用,坪単価,高級住宅,予算,評判,木造住宅,鉄筋住宅,工務店,実例,自然素材,専門家,無料相談,無料見積, 新築住宅,エコポイント,補助金,税金,住まい,資金,相談,建替え,家,住宅,防犯,設計,住まい作り,快適,エコハウス,地震に強い,耐震
リフォーム(風呂,バス,ユニットバス,外壁,浴室,フローリング,和室,ベランダ,内装,キッチン,台所,床,玄関,窓,階段,トイレ,洗面所,庭,壁,収納,壁紙,リビング,クローゼット,畳,天井,雨漏り,マンション,一軒家,バリアフリー,耐震,改装
■業務内容(法人)
ビルディング,公共工事,施設,区役所,学校,高齢者施設,都営住宅,店舗開発
■営業エリア
東京都東京23区東京(練馬区,杉並区,中野区,渋谷区,新宿区,世田谷区,足立区,荒川区,板橋区,江戸川区,大田区,葛飾区,北区,江東区,品川区,墨田区,台東区,千代田区,中央区,豊島区,文京区,港区,目黒区)
■東京都 東京26市(昭島市,あきる野市,稲城市,青梅市,奥多摩町,清瀬市,国立市,小金井市,国分寺市,小平市,狛江市,立川市,多摩市,調布市,西東京市,八王子市,羽村市,東久留米市,東村山市,東大和市,日野市,日の出町,檜原村,府中市,福生市,町田市,瑞穂町,三鷹市,武蔵野市,武蔵村山市)
■埼玉県 (和光市,朝霞市,新座市,川口市,草加市,八潮市,三郷市,蕨市,入間市)
■神奈川県 (川崎市,幸市,鶴見市,中原区,港北区,高津区,宮前区,多摩区,青葉区,麻生区)
■千葉県 (船橋市,市川市,松戸市,浦安市)
社名:立花建設株式会社
所在地:東京都練馬区向山4-35-18
電話:03-3998-8753 フリーダイヤル:0120-137-111